スープラ キャリパー塗装

スープラのブレーキキャリパー塗装 クルマ

スープラのキャリパーをゴールドに塗装することにしました。レッドからゴールドに塗り直し。スープラのロゴを貼って純正っぽく仕上げました。

ブレーキキャリパー塗装手順

スープラ RZ ブレーキキャリパー

必要な工具類

用意した商品

ブレーキキャリパー下処理

キャリパーの研磨(色落とし、錆落とし)

鋳鉄製ブレーキキャリパーキャリパーがレッドに塗装されていたので色落としします。錆も一緒に落とします。サンダーやベルトサンダーで研磨しました。この工程が一番時間がかかった作業。仕事の合間にしていたので4つのキャリパーで1ヵ月ほど時間を要しました。

キャリパーのマスキング

キャリパーピストンやブレーキホースなどは新聞紙などでマスキングします。

キャリパーの脱脂

シリコンオフで全体を丁寧に脱脂します。

塗装準備

全体を塗るのでキャリパー本体を吊るします。コンクリートブロックの上に鉄パイプを置いて物干し台を作り、太めの針金で吊るしました。

ブレーキキャリパー塗装

キャリパーゴールド塗装

ミッチャクロン吹き付け

キャリパー本体は鋳鉄製なので、塗料が着くようにミッチャクロンの吹き付けからスタート。

本塗り

すぐにゴールドの塗料に硬化剤を混ぜて吹き付けていきます。吹いたら乾かすを3回、塗り終わったらマスキングを剥がして数日乾かしました。

ロゴの貼り付け

スープラのロゴを慎重に貼り付けます。

ブレーキキャリパークリヤー塗装

スープラのブレーキキャリパーにロゴを貼り付ける当初は上塗り後にロゴを張り付けて終了でしたが、剥がしてロゴの上からクリヤー塗装することにしました。これでロゴは剥がせなくなります。取付けは改めてとなりますが、それまで大事に保管することにします。

使用した商品

タイトルとURLをコピーしました